東光の歩んだ歴史

昭和21年(1946) 3月 創業者佐藤成俊が佐藤漁具製作所を創業
昭和21年(1946) 11月 徳島化学工業株式会社を設立(資本金100万円)
昭和27年(1952) 3月 佐藤漁具株式会社を東光ナイロン企業組合と改組
(資本金100万円に増資)東京・大阪に支店を設置
昭和31年(1956) 6月 徳島化学工業株式会社を東光ナイロン株式会社と改称
(資本金300万円に増資)
昭和43年(1968) 業界のトップを切りパンティストッキング開発、製造・販売
昭和46年(1971) 1月 本社および工場を新設、設備増設
(資本金1億8千万円に増資)
昭和50年(1975) 1月 開発部設置、健康衣料の研究開始
昭和56年(1981) 3月 藍住工場、商品開発センター、配送センター新設
(資本金2億5百万円に増資)
昭和62年(1987) 高級パンティストッキング「ハードサポートタイプ」を開発、1988年に全国ヒット商品となる
昭和62年(1987) 9月 国内初医療用ストッキングの開発製造販売
昭和63年(1988) 4月 東光ナイロン株式会社を東光株式会社と改称
平成6年(1994) 6月 佐藤允男代表取締役に就任
平成13年(2001) 12月 品質保証に関する国際規格「ISO9001」認証取得
平成17年(2005) 4月 薬事法改正に伴い医療機器製造業許可取得
平成18年(2006) 本社および工場を全面改修
平成19年(2007) 8月 医療機器製造販売業許可取得
平成23年(2011年) 「医療用弾性ストッキング」エコテックススタンダード100認証取得
平成29年(2017年) 「防災用弾性ストッキング E-18」防災製品等推奨品証 取得
平成30年(2018年) 本社工場と藍住作業所を統合