血栓対策弾性ソックスとは

防災関連商品に弾性ソックスが有効なワケ

近年、立て続けに起こる大災害のたびに、防災の意識が改めて確認されています。避難所生活や車中泊、長時間の移動時に、履くだけで血栓(血のかたまり)の発生を軽減し、ふくらはぎの筋ポンプ作用を効率的に働き、静脈やリンパ還流が良くなります。
一般医療機器として、徹底した品質管理の下に日本国内で製造された高い品質。防災用品の1つとして準備しやすいよう包装形態はかさばらないよう配慮しています。男女兼用の5サイズ展開で女性に限らず家族全員分の万が一の備えとしてご準備いただくことをお勧めしています。
「防災関連商品」プロジェクトは、避難所生活での負担が少しでも軽減できるようにという想いで始まりました。

防災用弾性ストッキングの5つのポイント


筋ポンプ作用

長時間脚を動かさずに同じ姿勢でいると、脚の深部にある静脈に血のかたまりができ、その一部が血流にのって肺に流れて肺の血管を閉塞してしまう危険があります。
第2の心臓ふくらはぎの筋肉、その筋肉が伸び縮みすることで筋ポンプ作用が働き圧力をかけ血液の流れをスムーズにするのですが、その筋ポンプの働きが弱いと血液が心臓方向に戻れず滞り、血液の巡りが悪くなり血栓ができやすくなるのです。

弾性ストッキングが効果的!!

弾性ストッキングにより、筋ポンプ作用がいっそう効率的に働くようになり、静脈・リンパ還流がよくなります。
また、弾性ストッキングを着用すると静脈は圧迫されて径が細くなります。径が細くなることにより血流速が速くなり血栓の発生を軽減します。